手に入れられなかったもの

手に入れられなかったもの|ブレイブトレイン

少し前、お客様とこんな話をしました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

手に入れられなかったものは

手に入らざるして

手に入らなかった

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

あなたはこれまで

欲しくても手に入れられなかったものはありましたか。

 

 

 

 

 

お金持ちや、両親が仲のいい家に憧れた。

 

 

兄弟が欲しかった。

 

 

もうちょっと、背が高ければよかったのに。

 

 

一生懸命練習しても、レギュラーメンバーになれなかった。

 

 

第一希望の学校や会社に入れなかった。

 

 

絶対獲得したかった契約がとれなかった。

 

 

運命の人だ!と思っていたのに、叶わない恋があった。

 

 

できる、と思っていたタイミングで昇進できなかった。

 

 

夢が破れた。

 

 

 

 

 

【手に入れられなかったもの】 

 

 

 

 

私は、たっっくさんあります。

 

 

小さな頃から、コンプレックスの塊でした。

 

自分にはあれがない、これがない。

いつも、自分の手の中に無いものばかりを追い求めていたように思います。

 

 

 

でも、数か月前。

 

とある夏の日に

それは突然降ってきました。

 

 

 

「多くのものを手に入れられなかったからこそ

 今の自分がある。

 

 むしろ、それらを手に入れていたとしたら

 今の自分は存在しなかったのでは?」

 

 

 

 

例えば、私は学歴がないことがコンプレックスです。

 

 

一番最初の勤め先である公務員時代は

同じ試験を突破して採用に至った新卒職員であっても

高卒より専門卒の人の方が基本給のスタートが高く、強い憤りを感じていました。

 

 

たとえ、まだ何にもできない新人の後輩であっても

わざわざ学費を払って学校に通って、公務員になるための勉強をしてきただけで

ストレートで入省していち早く仕事に就いている自分より給与が高い!

 

更には、よっぽどのことがない限り、それを追い抜くことができない!

 

 

くう~っ!!

 

 

総務労務系の仕事をしていたので、賃金表を扱う機会が多く

余計に目についてしまったのかもしれません。

 

でもだからこそ、仕事で能力の違いを見せつけてやろうと

(今思えば、かなり強気でしたね・・・)

ガリガリ仕事をしましたし、仕事に対するプロ意識が磨かれました。

 

 

 

職場として、大学進学を支援する仕組みがありましたので

中には夜間に通学して学歴を高め、賃金アップをされる方もいましたし

それを勧めてくれる上司もいました。

 

 

「昇進争いのテーブルに乗ったとき

 経験年数に大差がなければ、学歴が高い方が選ばれる。

 だからあなたも、大学に通いなさい」 と。

 

 

しかしながら私は「人生は短い、そんなまどろっこしいことしていられない」と思い

学歴や年齢ではなく、仕事で評価される世界へ、と民間企業へ転職しました。

 

 

もしあの時、上司の声を素直に聞き入れて大学に通い

学歴を手に入れていたら

今でも公務員をしていたかもしれません。

 

 

 

もちろん、民間企業であったとしても学歴フィルターはありますし

今や大卒が一般的になってきていますので

出身校を聞かれたときに、肩身の狭い思いをしたことも多々あります。

 

 

その分、学歴や肩書、突出したスキルがなくても、若くても、女性でも

周囲から信頼を得て、仕事で認めてもらうためにはどうすればいいかを

考え、学び、実践し続けてきました。

 

 

だからこそ、同じような悩みを抱えている方に対して

具体的に伝えられることが数多くあり

今ではそれが仕事の一部にもなっています。

 

 

 

能力がなく、自分に自信がないからこそ

仕事を選り好みせず、目の前にあることを全力でやっていたら

何でもできるようになりました。

 

 

知識や経験が無くても、そんなことは自分にとって関係ない。

 

必要であればとにかく何でもやるので

制度設計や新組織の立ち上げなど

会社にとっての新たな試みを任せていただくチャンスに数多く恵まれました。

 

 

それらの経験は、確実に私の糧となっています。

 

 

もしも何かの能力に長けていたり

自分に自信があったとしたら

そんな雑食な働き方は、してこなかったかもしれません。

 

 

 

 

学歴、能力、容姿、健康、性格、家庭、仕事・・・

 

 

 

手に入れられなかったものを挙げれば、際限なく書けそうですが

手に入れられなかったからこそ

手に入れることができたものが、確実にある。

 

 

その気づきが、ちょうど下記のお客様の話とリンクし

嬉しく思いました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

手に入れられなかったものは

手に入らざるして

手に入らなかった

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

あなたが、手に入れることができなかったものは、何ですか。

 

 

 

既に結論が出たものに対して

後悔の念を持ち続けたり、コンプレックスに感じたり

はたまた、全て忘れてしまおうとしてしまったり。

 

 

そのような捉え方も悪くはないかもしれませんが

 

「あのとき、手に入れられなかったからこそ

 手に入れられたものは何だろうか?」

 

という問いかけも、選択肢のひとつに入れてみてほしいと思うのです。

 

 

その問いが、あなたの人生をより豊かなものにしてくれるはずです。

 

  

 

ブレイブトレイン

武田 睦美

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【社会人向け講座】好感度のあがる話し方

 

「 好感度に磨きをかけて、仕事に役立てたい!」

といった方のためのセミナーを開催します。

 

即実践していただけるよう、ワークがメインのプログラムです。

少人数制なので、日ごろから感じていた疑問も解決できますよ。

 

前編 2017年12月19日(火)9:00~11:00

http://eventforce.jp/event/345647

 

後編 2017年12月20日(水)9:00~11:00

http://eventforce.jp/event/345651

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

メールマガジン、配信中。

 

週に1回、ビジネスパーソンのあなたに役立つ「超特急の学び」をお届けします。

購読は無料、不要なときは簡単に解除できます。

 

ご登録はこちらから。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━