届く指導、届かない指導の【差】

届く指導、届かない指導の【差】|ブレイブトレイン|ブログ

今年は、スポーツ界の内情に関する

ニュースが多いですね。

 

 

次から次へと出てくる。

 

夏が始まったあたりは

レスリングで、アメフトを挟んで、その次はボクシング。

 

かと思えば、最近は

体操の宮川紗江選手をとりまく話題が

毎日取り上げられています。

 

 

 

 

コーチからの暴力は

本人が受け入れているので

パワハラではない。

 

※ 暴力であることには変わりないが

「ハラスメント」には当たらないのだそう

 

  

 

一方、日本体操協会の幹部から受けた扱いは

本人が精神的な攻撃と感じているので

パワハラである。

 

 

 

 

これらの行為について

暴力や攻撃ではなく「指導」や「愛情」だった、

と解説されることがあります。

 

 

もし仮に

両者の「厳しい言動」の根底にあるのが

選手に対する「指導」であったとした場合。

 

 

コーチの指導は、伝わり

協会幹部の指導は、伝わらなかった。

 

 

ということになる。

 

 

 

 

この【差】は何なのか。

 

 

 

 

あなたは、何だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは

【信頼】の一言に尽きると思います。

 

 

 

口ではそれらしいことを言っていたとしても

心には響かない、正面から受け取れない

ということがあります。

 

反対に、厳しい言葉や叱責であっても

しっかりと胸に刻みつけ

糧にできることもある。

 

 

その差は

相手に対して

【信頼】があるかどうか。

 

 

 

「何を言うか」ではなく

「誰が言うか」。

 

 

例え話が上手じゃなくても

信頼を寄せている人からの言葉だったら

耳をダンボにして傾ける。

 

 

 

鋭い厳しさも

信頼がクッションになり、相手の心を守ってくれる。

 

 

一方、信頼がなければ

道端を歩いていていきなり右フックをくらった(゚Д゚;)

みたいな不快な状態になってしまう。

 

その状況が、関係に嫌悪感を生む。

 

  

 

強い言葉や権力でねじ伏せるよりも

信頼で「聞く耳を持たせる」方が

よっぽど心に届くのではないか。

 

結果に繋がる指導になるのではないか。

 

 

連日の報道から

そんなことを感じています。

 

 

-------------------------------------------------------------

 

(1)あなたの部下が、信頼を寄せるのは

   どのような「人」だと思いますか?

   (仕事、行動、態度、人格など)

 

 

 

 

 

(2)あなた自身は部下に信頼を寄せていますか?

   また、部下のどのようなところに信頼を寄せていますか?

   (仕事、行動、態度、人格など)

 

 

 

 

 

(3)部下に対して【信頼】を

   言葉や態度にして伝えてあげていますか?

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------

 

 

 

社長も上司も部下も

あなたもわたしも

みんな、完璧ではありません。

 

 

だからこそ

未熟さを受け入れることも必要で

その強力な薬になるのが【信頼】でもある。

 

そんな風に、思うのです。

 

 

 

 

信頼は、連鎖する。

 

 

 

 

目の前にいる部下を。

 

何よりも、いつもそばにいる

自分自身を。

 

1%からでも構わない。

信頼、してあげてくださいね。

 

 

ブレイブトレイン

武田 睦美

  

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

メールマガジン、配信中。

 

週に1回、ブログの最新記事をお届けします。

購読は無料、不要なときは簡単に解除できます。

 

ご登録はこちらから。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━