説得力は、〇〇するだけで上がる

〇〇するだけで上がる「説得力」|ブレイブトレイン

本日のテーマは「説得力」です。

 

  

・顧客との接触やクロージング

・取引先との調整

・上司に対する提案や相談

・部下に対する指導や指示 

 

 

仕事をしていると、これらのような

誰かしらを「説得」しなければならないシーンに出会います。

 

できるだけ、自分の意向が伝わるように話を進めたいものですが

特に相手が顧客や上司など目上の方の場合は

耳すら貸してもらえなかった、という経験を持つ方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

説得力というと

「論破する」「口説き落とす」などといった

話す力、という印象があるかもしれません。

 

もちろん、プレゼンテクニックも説得の大きな力ですが

説得とは「相手に納得感を与えながら自分の動かしたい方向へ動かす」スキルでもあります。

 

 

 

相手に納得感を与えながら

 

自分の動かしたい方向へ動かす。

 

 

 

もしもそれができたら!

あなたの仕事にはどんないいことが起こるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説得力が上がったら、仕事がもっと楽しくなりそうじゃありませんか?

 

 

 

説得力を得るための方法は色々ありますが

今すぐにでも実践できる方法があります。

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ネクタイを締める」

 

 

 

 

それだけです。

 

 

 

 

簡単すぎて、驚いたでしょうか。

 

 

 

 

アメリカの心理学者が「アンケート調査の応諾率」に関する調査をおこなったところ

 

ネクタイをしている調査員の依頼に応じた人は7割

ネクタイをしていない調査員の依頼に応じた人は4割

 

という結果が出ました。

 

 

そのうち、中級階級の人は

ネクタイをしている調査員に対しては9割以上の人が応じたのに対し

ネクタイをしていない調査員の依頼に応じた人は3割にも満たなかったそうです。

 

 

この調査から、ネクタイは

「つけているだけ」で説得力を高めてくれるアイテムである

ということがよく分かりますよね。

 

 

これはアメリカの話ですが

日本においても大きな差はないと思います。

 

 

説得力に影響するのは

何もネクタイだけではありません。

 

 

服装だったり、化粧だったり

「身だしなみ」が説得力に影響を与えることは多くの心理学者たちが証明しています。

 

 

 

今はオフィスカジュアルも浸透し

部屋着のようなカジュアルな服装や、オシャレ重視の服装でもOKとする企業も増えています。

 

 

でも、もしも

あなたが説得したい相手が

 

・きちんとしている身なりであればあるほど

・階級の高い人であればあるほど

・高額商品を検討している人であればあるほど

 

自分の身なりがそれにマッチしているかどうか、見直してみてほしいのです。

 

 

 

もちろん、たとえカジュアルでも、マナーから多少逸脱した身だしなみでも

売れない、説得できない、ということはないと思います。

 

話し方だったり、人柄だったり、提案内容の魅力だったり、企業ブランドだったり

信頼を得て相手を説得するための武器は、身だしなみ以外にもあるからです。

 

 

でも、話をさせてもらう、仕事をとおして信頼を獲得する機会を得る、

これらに行きつくためには

身なりが「武器」にも「足かせ」にもなってしまう事実は、否めません。

 

 

 

身なりを整えるだけで

「説得できる相手のレベル」が変わる。

 

 

担当者レベルとの商談しか成功しなかったのが

幹部レベルとの商談が成立するようになる。

 

 

少額商品しか売れなかったのが

高額商品も売れる(高額の支払いができる顧客を説得できる)ようになる。

 

 

ベテランの取引先が対等に扱ってくれるようになり

 

上司が「まずは聞いてみよう」と耳を貸してくれ

 

部下が四の五の言わずに指示を受け止めるようになる。

 

 

 

身なりを整えただけで、

ここまで大きく変化する。

 

かどうかまでは、確約できませんが

 

身なりを整えないよりは、

そのような未来を得られる確率が格段に上がります。

 

説得したい相手がレベルの高いビジネスパーソンであればあるほど、です。

 

 

 

仕事着は、仕事における戦闘服です。

 

 

もしも、ワールドカップの決勝戦なのに

相手チームがユニフォームではなく練習着で出場してきたら

なんだか弱そうに感じてしまいませんか?

 

グランプリファイナルなのに

選手がジャージで滑走していたら

素晴らしい演技がかすんでしまうように感じませんか?

 

 

それと同じように、闘いの場には、闘いの場に適した身だしなみがあります。

 

 

無理をして高いものを身にまとう必要はありません。

 

判断基準は「きちんとして見えるか否か」です。

 

 

 

身だしなみくらい好きにしたい、という気持ちもよく分かります。

 

でも、身だしなみが説得力に大きな影響を与える

という現実を侮ってはいけません。

 

身だしなみとは「自分」のためではなく「相手」のためにある概念なのです。

 

 

 

説得力を欠く要因を一つでも減らし

説得力を高める要素を一つでも増やす。

 

「相手に納得感を与えながら自分の動かしたい方向へ動かす」力を得たい方は

ぜひ、お試しください。

 

 

 

ブレイブトレイン

武田 睦美

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■ 社会人向け

無料セミナーを開催中です。

 

社員数100名以下の企業経営者のための「採用コストゼロ」戦略

https://www.brave-t.com/service/training/costzero/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■ 就活生向け

模擬面接で、選考突破を目指しませんか。

https://www.brave-t.com/service/learn/mensetsu/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

メールマガジン、配信中。

 

週に1回、ビジネスパーソンのあなたに役立つ情報をお届けします。

購読は無料、不要なときは簡単に解除できます。

 

ご登録はこちらから。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━