耳の痛い話

耳の痛い話|ブレイブトレイン

あなたには「耳の痛い話」をしてくれる人はいますか。

 

私は、社会人1年目のときに

そのような方に出会うことができました。

 

仕事ができるだけでなく、人間ができていて、周囲からの信頼がものすごく厚い

千葉さんという女性の先輩でした。

 

 

彼女は、同じ係で働く仲間ではありましたが

私とは組織的に縦の関係になかったため、

当初は必要最低限の指導のみを行ってくれていました。

 

しかしながら、社会人としての意識が甘く至らないところばかりで

職場で浮きまくっていた私を見かねて

次第に耳の痛い話もハッキリと伝えてくれるようになりました。

  

 

「その髪の色は、無しだね」

 

  

「そういう服装はやめた方がいい」

 

 

「こういう発言は、誤解を招くよ。噂になってる」

 

 

これらのような、仕事とは直結しないけれども

職場で信頼を勝ち得てくためには、とても大切なこと。

 

でも、なかなか周囲からは言いにくいこと。

 

それらを、千葉さんはひとつひとつ、ハッキリと伝えてくれました。

 

 

最初は、率直なアドバイスに

正直傷つきました。

 

自分は周りからこう見られているのか、と。

 

 

でも、それをあえて言葉にして伝えてくれる彼女に

私は絶大なる信頼を寄せるようになりました。

 

 

 

「仕事を教わるときは必ずメモをとって」

 

 

「中身が正確でも、見た目が汚いと雑な仕事に見えるから、書類はきっちりと作るんだよ」

 

 

耳の痛い話だけではなく

これらのような、仕事の基本中の基本も、千葉さんが教えてくれました。

 

 

質問をすれば、千葉さんは

「それ、自分で調べた?」と必ず聞き返してきます。

 

ですので、分からないことは過去の資料や法令集・想定問答集などを読み解いて

できるだけ自分で解決する。

 

 

(当時は「ググる」なんて言葉はなく

インターネットがつながるPCは30人の課に1台だけ、という時代でした)

 

 

それでも分からなければ

何が分からないのか

何をどう調べたのかを整理して質問をする、という習慣が身につきました。

 

 

さっと教えてしまえば簡単なことでも

私が自分の頭で考えられるようになるように

千葉さんは忍耐強く接し続けてくれました。

 

 

 

他人から信頼されるためには、どのような振る舞いをすべきか

 

他人から信頼される仕事とは、どういったものか。

 

 

彼女と仕事ができたのはたったの1年でしたが

千葉さんから学んだことは、私の仕事人生における財産です。

 

社会人1年目の、最も吸収度が高い時期に

彼女のような人に巡り合えたのは、紛れもない幸運でした。

 

 

 

その後も、先輩や上司には恵まれてきました。

 

彼らから見たら、私は決して可愛いばかりの部下・後輩ではなかったはずです。

 

 

気が強い性格に加え

仕事をするときは、本気と言いますか、戦闘モードに入ってしまうため

たとえ相手が上司や上級機関でも

納得がいかないと、遠慮なくかみついてしまうからです。

 

若い頃に比べたら今は多少丸くなったとは思いますが

特に20代の頃は、上長の皆様に手を焼かせ、面倒をかけてきました。

 

 

 

彼らにとっては

仕事に特別大きなダメージがなければ

もしくは、上司本人に実害がなければ

耳の痛い話なんてせずに放っておく、という選択肢もあるはずです。

 

 

耳の痛い話は

言う側にもパワーが必要で、心理的ストレスもあるからです。

 

 

ましてや、本人がそれを喜んで受け取ってくれるとは限りません。

 

良かれと思って指導したにも関わらず

反発されたり、ふてくされた態度をとられて嫌な思いをしてしまう

という可能性だって少なからずあります。

 

 

でも、そうであっても

私の成長を願って、言いにくいこともきちんと伝えてくれた

上司や先輩方の存在があるからこそ、今の私がいて

そのような関わりを持ってくれた方々に心から感謝しています。

 

 

 

あなたには、耳の痛い話をしてくれる人は、いますか。

 

 

組織の中においては、上位職になればなるほど

そういった機会は減っていきます。

 

間違った、もしくは、適切でない言動をしていても

下っ端の頃のように、周りが事細かに進言してくれることはありません。

 

社会には、100点満点の正解の形がないことが多いので

違和感を覚えながらも

言う側も意見を伝えるのを躊躇してしまったりします。

 

もしくは、明らかな間違いであっても

立場が上であるため言いづらく、スルーされてしまうことも多々あります。

 

 

でも、耳の痛い話の中には

「自分では気づけていない」成長のヒントが隠れています。

 

 

社内に限らず

率直な意見を伝えてくれる人の存在は財産になります。

 

 

もし身近にそのような方がいない場合は

ぜひ、出会いを探すことをお勧めします。

 

仕事人生が変わる、価値ある出会いになるはずですよ。

 

 

ブレイブトレイン

武田 睦美

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■ 社会人向け

無料セミナーを開催中です。

 

社員数100名以下の企業経営者のための「採用コストゼロ」戦略

https://www.brave-t.com/service/training/costzero/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■ 就活生向け

模擬面接で、選考突破を目指しませんか。

https://www.brave-t.com/service/learn/mensetsu/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

メールマガジン、配信中。

 

週に1回、ビジネスパーソンのあなたに役立つ情報をお届けします。

購読は無料、不要なときは簡単に解除できます。

 

ご登録はこちらから。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━