部下の行動を変えるには。

部下の行動を変えるには。|ブレイブトレイン

長年、研修プログラムを作ってきて

思うことがあります。

 

それは

「研修を受けたその場で、理解できたり

はっとするような気付きを得られたとしても

その学びを継続し続けられなければ、意味がない」

 

ということです。

 

 

部下の教育でお悩みの、管理者の目線で置き替えると

 

「教えたときは、目を丸くして驚いたり

指示に対して、理解しました!という言葉が出たとしても

その後の業務でそれが反映されていなければ、意味がない」

 

と言うことができます。

 

 

 

そうなんです。

 

指導しても「行動が変わらなければ」意味がないんです。

 

 

もちろん、頭で理解する、体で覚える、というベースの教育は

不可欠だし、大切です。

 

でも、受講してもらうからには

いっぱい学んだ!ハッとさせられたなあ。というだけの場ではなく

そこで得た学びや気づきを継続し続けてもらいたい。

 

 

だからこそ、研修プログラムを組むときに

こだわっていることがあります。

 

 

 

それは

 

 ・

 ・

 ・

 

 

 

 

 

 

 

【動機づけ】をおこなうこと。

 

 

 

 

人は、自分にとってのメリットが無ければ動きません。

 

どんなに頭で理解したり

横から強く指導されたとしても

行動を変えるには【原動力】が必要なんです。

 

 

 

例えば、禁煙。

 

挫折する人も多く

精神力だけで乗り越えるのは並大抵のことではないでしょう。

 

 

でも、それを乗り越えるための、動機があれば。

 

 

・新しく増える家族のために

 

・禁煙した分貯金して、結婚指輪を買いたい

 

・好きな人から、タバコを吸う人はちょっと、と言われた

 

 

 

動機がないと、周囲からどんなに

「タバコやめなよ」

と言われようと、そう簡単には行動を変えられないのです。

 

 

 

セミナーや研修も同じです。

分かりやすいのが、新入社員研修です。

 

 

新入社員研修では

腰から曲げる美しいお辞儀から

社会人らしい身だしなみ、気持ちのいい挨拶、など

細かく指導を行うことが一般的です。

 

でも、時間が経てば、どうでしょう。

 

 

お辞儀はぺこりと首を折るだけになり

身だしなみは崩れ

入社当初の元気な挨拶もどこかに行ってしまった・・・

 

 

これは、珍しいことではありません。

 

研修で学んだことを実践し続けると

「自分にとってどんなメリットがあるのか」が分からなければ

学んだことを維持し続けられず

いとも簡単に古い習慣に戻ってしまうのです。

 

 

だからこそ、ブレイブトレインのセミナーでは

動機づけを大事にしています。

 

 

もちろん、行動し、変化を起こしていくのは

他の誰でもなく、受講者自身。

 

本人が意識して実践し続けなければ、

変化しないのは当たり前のことですし

学んだことを生かすも殺すも本人次第。

 

結果として行動や成果が変わらないのは

厳しい言い方かもしれませんが

自己責任です。

 

 

変わるか変わらないか、変えるか変えないか

決めるのは、自分自身なのです。

 

 

でも、せっかくご縁を持てたのならば

できる限りそこで学んだこと、気づいたことを継続して

ご自身の糧に変えるための後押しをしたい、そう考えています。

 

 

 

同じように、動機づけは

現場教育、部下への指導でも有効です。

 

何を動機とするかは、部下の性格に合わせて変える必要があります。

 

 

例えば、自分にとってメリットがあること。

給与が上がる、早く帰れる、売上が増える、楽ができる、など。

 

もしくは、欲求が満たされること。

褒められる、認められる、必要とされる、1番になれる、など。

 

 

----------------------------------

 

(普通の上司)

この部分をスムーズに説明できるように

もっと練習しようか。

 

 ↓

 

(普通の上司+動機づけ)

この部分をスムーズに説明できるようになると

カッコいいし、一気に説得力が増すよ。

もっと練習しようか。

 

 

■ 伝えたいこと:もっと練習してスムーズに説明してほしい

■ 動機:説得力のある説明で、カッコよく見せられる

 

----------------------------------

 

(普通の上司)

身だしなみ、ちょっと派手じゃない?

 

 ↓

 

(普通の上司+動機づけ)

身だしなみ、ちょっと派手じゃない?

年配のお客様が多いから、もう少し抑えた方が信頼度や安心感が増して

売上獲得しやすくなるんじゃないかな。

 

 

■ 伝えたいこと:派手な身だしなみを改善してほしい

■ 動機:売上獲得しやすくなる

 

 

----------------------------------

 

(普通の上司)

今月の予算達成まで、あと少しだね。

残り1日、ラストスパートかけていこう!

 

 ↓

 

(普通の上司+動機づけ)

今月の予算達成まで、あと少しだね。

中村さんが達成したら、上司としてこんなに誇らしいことはないわ。

残り1日、ラストスパートかけていこう!

 

 

■ 伝えたいこと:何としてでも、残り1日で予算を達成してほしい

■ 動機:自分を信頼してくれている上司を喜ばせたい(認められたい)

 

----------------------------------

 

 

ええええーーっ。

 

ここまで配慮するのは、正直面倒くさい。

とお思いでしょうか。

 

 

もちろん、そんな回りくどいことしなくても

動いてくれる、行動が変わる、育つなら、それが一番いいです。

 

なんのために頑張るのか

自分で見つけてもらえたら、それがベストです。

 

 

でも、動機を与えてあげるだけで

スムーズに動いてくれるのならば

使わない手はない、そう思いませんか。

 

 

「ここはどうにか改善してほしい」

「この部下には、どうか活躍してほしい」

「何としてでも結果を出してほしい」

 

そういった、ここ一番のときに。

活用してみてくださいね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

個別相談・個別レッスン、お受けします。  

https://www.brave-t.com/service/learn/counseling/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

メールマガジンで、情報収集しませんか。

 

週に1回、ビジネスパーソンのあなたに役立つ情報をお届けします。

購読は無料、不要なときは簡単に解除できます。

 

ご登録はこちらから。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━