可愛がられる技術

可愛がられる技術 |ブレイブトレイン

もう10年近く前、企業で人事職に就いていたときのことです。

 

その春に入社したのは

初めて自分の手で採用に導いた新卒社員たちでした。

  

総勢 64名。

 

選考の段階から繰り返し接点を持ってきた彼らが、可愛くてたまらず

採って終わりではなく

入社後も彼らのためにできることはないだろうか、と考えていたら

チャンスが転がり込んできました。

 

例年営業幹部が務めていた、受入責任者のポスト。

 

それを、未熟な立場にも関わらずゲットできたのです。

 

おかげで、入社時教育から配属先との調整、

その後のフォローアップまで携わることができました。

 

 

研修期間である最初の2週間は

担任の先生のごとくぴったりと張りつきながら、彼らと時間を共にしました。

 

伝えるべきことは多くありましたが

通例の研修内容とは別に、プログラムに組み込みたいものがありました。

 

現場に送り出す前に

どーーーしても彼らに贈りたいものがあったんです。

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

 

研修事業を生業としている私が言うのもなんですが

教育は、あくまでも成長を促進するための栄養剤です。

 

どんなに多くの時間を費やして、知識を習得し、思考を磨いたとしても

それを実践して「経験」に転換しない限り

ビジネスの場において、その学びが生きることはありません。

 

 

経験は、積めば積むほど、その業務に関するレベルが上がります。

 

経験 + 経験 + 経験 = 経験値獲得

例)プレイヤーとして優秀な営業マン

 

 

経験があると、教育という名の栄養剤が効きやすくなります。

 

経験値 × 知識・思考 = レベルアップ

例)プレイヤーとしての経験値 × 管理職育成研修 = マネジメントのステージ

 

 

経験値が足りないと、栄養剤が最大限の効果を発揮できないことがあります。

例)新卒新入社員 × 管理職育成研修 = ちんぷんかんぷん

 

 

経験と学びは相互に作用するので

適切なタイミングで、サンドイッチの様に挟み込んでいくことが

段階的に成長を遂げるためのポイントです。

 

 

経験値ゼロ。

 

新入社員が1名入ると「プラス1名」ではなく「マイナス1名」です。

教えることに人手が取られるからです。

 

即戦力にならない彼らが

多忙な現場の中に放り込まれても、取り残されること無く

着実に成長を遂げるためには、周囲からの支えが不可欠です。

 

上司や先輩、顧客から愛されることが

いち早く経験値を高めるためのカギになる。

 

何にもできない新人だからこそ

「周囲から可愛がられる社会人になるための土台」を

培って欲しかったのです。

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【 1 】返事の習慣化

 

とにもかくにも返事、徹底的に返事。

無意識でも、反射的に返事が出るように習慣づけをしました。

 

 

「おはよう!」と声をかけたのに

あなたの顔をちらりと見ただけで、相手がうんともすんとも言わなかったら。

 

無視されたような、もやっとした気持ちになってしまいますよね。

 

返事も挨拶の一種です。

 

 

「返事がない」 =「既読スルー」と同じです。

 

いいの?

だめなの?

なんなの?

 

反応が無いと、相手は不安になったり判断に困ったりします。

 

 

気持ちのいい返事をする人は、素直で真摯な印象を与えるので

どこに勤めても可愛がられます。

 

特に新人の頃は、多少出来が悪くて失敗することがあっても

素直さがあれば、多くの指導の機会を得られます。

 

「理解しています」というメッセージにもなるので

コミュニケーションが円滑になり、仕事を進めやすくなります。

 

 

上司や先輩の気持ちで考えてみると分かりやすいですよね。

 

返事が無いと、たとえ本人に悪気がなくても

指導に対して不満を感じているように映ることもありますし

イラッとさせてしまうこともあるかもしれません。

 

もちろん、仕事を教えなければならないのは

先輩方も分かってはいますが、そうは言っても暇ではありません。

 

忙しさに加えて、素直さに欠ける新人だと

可愛げがないと感じて、後回しにしてしまったり

忍耐強く指導するのが億劫に感じて、さじを投げてしまうことだってあるんです。

 

 

【 2 】笑顔の特訓

 

手鏡を持参してもらい、鏡に向かって、笑顔、笑顔、笑顔。

続けること数分。

 

初日は「顔が痛い…」とあちらこちらから声がもれていました。

表情筋が硬くなっている証拠です。

 

日に日に、口角が自然にあがるようになり

口元が楽になると、目元が緩み、目が笑うようになり。

 

研修期間を終える頃には

瞬時に素敵な笑顔を作り、それをキープできるようになりました。

 

 

新入社員の頃は、初対面の嵐。

第一印象を左右する、勝負の瞬間の連続です。

 

そんなとき、自然な笑顔が板についていれば

表情筋がサッと笑顔を作り、第一印象を高めてくれます。

 

内心は、ドキドキバクバクだったとしても、です。

 

 

笑顔は、一種のスキルです。

 

笑顔だと、相手に好意が伝わります。

人は好意を向けられると好感を抱くので、周囲から愛されやすくなります。

 

また、微笑むだけで、余裕のある、堂々とした空気をまとうことができます。

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

 

あれから随分月日が流れましたが、春が来るたび彼らのことを想います。

 

今でも、小気味よい返事をしているだろうか。

 

自然で朗らかな笑顔を持ち続けているだろうか。

 

周囲から可愛がられて、多くの成長とチャンスを得て

「今」を懸命に戦っているだろうか。

 

 

私がどーーしても彼らに贈りたかった

周囲から愛されるための習慣。

 

今でも根付いているのだとすれば

大切な社会人生活のスタートに携われた人間として

それほど幸せなことはないなあと思います。

 

 

あなたの身近には、気持ちのいい返事のできる方はいますか。

笑顔の素敵な方、いらっしゃいますか。

 

そういう人がひとりいるだけで、空気がハツラツとして

こちらの気持ちまで明るくなりますよね。

 

周囲から可愛がられる社会人になるための土台。

習慣にできると、一生涯の武器になります。

 

年齢を重ねても、大ベテランになっても

我が身を助けてくれるスキルです。

 

よかったら、周りの方にも教えてあげてくださいね。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

個別相談・個別レッスン、お受けします。

 

見よう見まねでやってきたけど、このマナーは正しいのかな?

もっと効率的に仕事を進めたい!

 

あなたのためだけにアドバイスを行います。

 

https://www.brave-t.com/service/learn/counseling/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━