“ センパイ初心者 ” の心得

代表取締役の、落とし方。Vol.2  | ブレトレ

新たな1年が始まったと思っていたら、もう4月。

 

この3ヶ月間の記憶がすっ飛んでしまったのでは…

と思うほど、月日の経つスピードの速さに驚かされます。

 

年度の切り替えということもあり、春は環境の変化が起きやすい季節ですね。

  

 

かく言う私も、本日は子どもの小学校の入学式でした。

 

ピカピカのランドセルを背負い、キラキラとした表情の新入生たち。

溢れる笑顔がまぶしかったです。

 

 

我が家では、入学式よりも一足先に4月1日から登校を始めました。

その、小学校で過ごす第1日目のこと。

 

初めての環境に腰が引け、部屋に入ることもままならない息子に

1人の少年が駆け寄り、声をかけてくれました。

 

「僕はね、昨日まで1年生だったんだけど、今日から2年生なんだ。

最初は僕も泣きながら来てたよ。色々教えてあげるね」

 

慣れた手つきでテキパキとお世話をしてくれる少年。

 

「荷物はここに置いてね」

「針が危ないから名札は僕がつけてあげるね」

 

おおーっ! たったの1年で、こんなにも成長するのか!

 

感動を覚えながら学校を後にし

自分が先輩になるときはどんな感じだったかなあ、と思い起こしてみました。

 

 

あなたは、自分が “先輩社員” になったときのこと、覚えていますか。

 

この春先輩になったばかりです!という方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

社会人2年目、私に初めてできた後輩は、年上の男性でした。

 

一番下の立場として、周囲から可愛がってもらっていた私にとって

そして自分が若いこと、女性であることに劣等感を抱いていた私にとって

彼の配属の知らせは、心中穏やかに受けとめられるものではありませんでした。

 

ナメられたら絶対イヤだ、どんな風に接すればいいんだろう。

 

年上だけど私の方が先輩だし、こういうときって敬語?タメ語?はじめが肝心だよね。

 

すんごいデキる人で、仕事をとられちゃったらどうしよう…

 

 

恥ずかしながら、4月1日を迎えるのが憂うつで

仲間が増えるという喜びや、たくさん教えてあげよう!という前向きな気持ちよりも

不安でいっぱいで、勝手にプレッシャーを感じていたことをよく覚えています。

 

 

あなたは、どんな気持ちで後輩を迎え入れましたか。

 

かつての私のように、肩に力が入りすぎている方のために

「センパイ初心者のためのアドバイス」を贈ります。

 

 

--------------------------------------------------------------

 

 

■ 「人としての礼儀」をわきまえる

 

挨拶は自分からする。

話すときは相手の目をきちんと見る。

 

子どものときから教わっているような礼儀は

相手が誰であろうと忘れないこと。

 

相手が格下になると、それを忘れる人は意外と少なくありません。

 

 

人としての礼儀がきちんとできている人は

「人としての信頼」を得ることができます。

 

人としての信頼を勝ち得ていると、周囲に味方ができやすくなり

相手が人であるがゆえに起こる摩擦や、仕事の障害が起きにくくなります。

 

自分ひとりの力でできることなんて

ましてや未熟な立場ならなおのこと、限られている。

 

例え、ひとりしかいない部署やひとり社長であっても

他の誰とも関わり合いを持つことなく

自分だけで全ての仕事が完結する、ということは無いんです。

 

仕事には、他人の存在が不可欠。

 

だからこそ「信頼」は

自分が思い描いたとおりに仕事を進めるための武器になります。

 

万が一礼儀を欠いていたとしても、仕事はできます。

でも、最低限の礼儀をきちんと実践することで仕事がスムーズにいくならば

私は後者を選択します。

 

 

余談ですが

「されたら返すけど、自分からは挨拶しない」という方はご注意を。

 

挨拶という日々の習慣をとおして

「他人からの働きかけがあれば行動する」という“受動的な精神”を

知らず知らずのうちに、自らの手によって磨き上げてしまいますよ。

 

 

 

■ 現状維持 と 成長 は 共存 しない

 

今抱えている仕事を手放すことでこそ

新たな仕事 = 新たな経験 を手に入れることができます。

 

新たな経験を積まない = 現状を維持する ということ。

現状維持と成長は、同時に成り立ちません。

 

引き継げるものがあるならば、どんどん教えて、どんどん手放す。

そして、先輩社員の仕事をどんどん奪って経験値を高めてください。

 

今日まであなたが仕事に向き合いながら過ごしてきた時間は

決して一朝一夕で追い抜かれるような、生ぬるい時間ではなかったはず。

 

過去の仕事にしがみつかずに、新たなステージに進みましょう。

 

 

 

■ センパイ初心者にしかできないこと

 

これまで、あなたが一番の下っぱの社員だったのだとしたら

あなたにしかできないことがあります。

 

それは、後輩の頭の中や胸の内を理解すること。

 

先輩や上司からの指導に対して

納得がいかなかったり

スムーズに理解できなかった経験はありませんか。

 

それはあなたが、部下・後輩の視点しか知らなかったからかもしれません。

 

親にならないと親の気持ちは分からない、というように

先輩の視点は、後輩ができてこそ

上司の視点は、部下をもってこそ、初めて知ることができます。

 

その立場ならではの、ものの見え方、考え方があるんです。

 

 

そして今、後輩とは別のステージにいながらも

彼らの気持ちを最もよく理解できるのは

つい最近までその立場にいた、あなたです。

 

 

後輩の視点しか持っていなければ

彼らの頭の中や胸の内を理解してあげたところで

単なる不満や愚痴の言い合い、傷のなめあいになってしまいかねない。

 

でも、今のあなたは違います。

 

後輩の視点、そして新たに手に入れた先輩の視点。

 

 

「気持ちはわかるけど、まずはやってみよう。それが今できることだよ」

 

「もしかして、ここが理解できてない?」

 

「私も最初は無理!と思ったけど、慣れれば大丈夫!」

 

 

放任主義、細やか指導派、どんなスタイルの指導をするにしても

双方の視点のギャップを生かした働きかけで

後輩を目的に向かわせたり、動かしたりできるのは

今のあなただからこそできることです。

 

 

--------------------------------------------------------------

 

 

「先輩に、ついていきます!」

 

そんな嬉しい言葉をもらえる日も、そう遠くはないかもしれませんね。