代表取締役の、落とし方。

代表取締役の、落とし方。 | ブレトレ

「代表取締役の落とし方、教えてください」

という質問をいただきました。

 

経営者の口説き方、通りやすい提案の仕方が知りたい、ということですね。

 

攻めた発想、大好きです。

 

決済権者である彼らにアプローチすることは、営業活動の近道です。

そういうチャンスの場があったら、確実に決めていきたいですよね。

 

 

【 1 】 その道のプロに“見せる”

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

想像してください。

 

あなたは今、悩みを抱えています。

仕事と恋愛の狭間で、決断が必要なタイミングなのです。

 

そんなとき、占いショップの前を通りかかったあなたは

わらにもすがるような思いでお店に入りました。

 

よし!ここで背中を押してもらおう。

 

ところが、そこには。

 

 

Tシャツにジーパン姿の、よく日に焼けた、胸板の厚い中年男性が

タバコをくゆらせながらスポーツ新聞に読みふける姿。

 

ええっ…本当に占い師?

わたしの背中、預けていいのかな… 

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

占い師には「プロの占い師っぽい印象」というものがあります。

 

もし、ここで出てきたのが

紫色のショールを羽織って、傍らに大きな水晶玉をしたがえてタロットカードを切る

ミステリアスな女性だったとしたら。

 

占い師っぽいですし、いかにも当たりそう。

 

彼女の言葉を全面的に信用し、自分の決断の後押しをそれに任せてしまうかもしれません。

 

占い師に限らず、大工さんには大工さんの、ロック歌手にはロック歌手の

世間一般から見る、その道の「プロっぽい人」のイメージを誰しもが持っています。

 

 

あなたが売りたいものは、何ですか。

 

その道のプロフェッショナルは、どのような印象ですか。

 

その道のプロフェッショナルは、どのようなアイテムを身に着け、

どのような身のこなしで、どのような髪型やメイク、ネイルをしていますか。

 

その道のプロフェッショナルは、どのような身なりをチョイスせず

どのような振る舞いをしてしまうと、そのイメージが崩れてしまいますか。

 

どのような姿勢、態度、話し方であれば、その道のプロフェッショナルに見えますか。

 

 

なぜこれらのことが大切なのかというと

経営者は、自分の時間の価値の高さをよく知っているからです。

 

もしかしたら、あなたは経験も知識も豊富で優秀な人材なのかもしれません。

 

ですが、それが伝わるまで悠長に話を聞いてくれる可能性は

相手が自分の時間の価値の高さを知っていれば知っているほど、低くなります。

 

だからこそ、ぱっと見て経営者があなたの話を聞いてみたいと感じなければ

よほど興味のある内容でない限り、その商談を早々に切り上げる、

もしくは退席して、その場を部下に任せてしまうでしょう。

 

 

あなたは今、その道のプロっぽい印象を周りに与えられていますか。

 

印象は、つくれます。

ぜひ「何を売りたいのか」を明確にし、その道のプロっぽい印象を磨いてください。

 

 

代表取締役の落とし方、その1「その道のプロに“見せる” 」。

いかがでしたでしょうか。

 

 

近日中に「代表取締役の、落とし方。Vol.2」をお届けします。